完全解析!アジャイル開発情報ガイド

メリットや選ぶポイントについて

ソフトウェアの開発のプロジェクトの進め方の一つであり、短期間で開発を見直す手法がアジャイル開発です。修正することを前提としていることから、対応が容易でありスムーズなので近年では選ばれている方法となっていて、取り入れようと考えている人も多いのではないでしょうか。

アジャイル開発のためのツールは豊富であり、年々数を増やしていて選択肢が豊富なのは良いことです。その中でどれを選ぶのかが、プロジェクトをスムーズに進めていけるかを左右するポイントとなることは頭に置いておかなくてはなりません。

このサイトでは数あるアジャイル開発ツールの、料金形態やプラン内容など細かな点を紹介しておりしっかり比較してから選ぶことにより、それぞれのニーズにぴったりのものを選べるようになっています。選択肢が多いからこそ、比較が大切ということは間違いありません。

住友電工情報システム

総合評価 ★★★★★
サービス度 ★★★★★
顧客満足度 ★★★★★
利用しやすさ ★★★★★
情報量 ★★★★

ポイント

  • ペーパーレス化した文書管理を可能にします
  • 文書を作成日や契約先などの属性に応じて管理でき、簡単に検索できます
  • 出張先などでも場所を選ばず、必要な文書内容を確実に確認できます

契約書を這い位目とした文書の数々の管理を実践するのは場所もとりますし、探し出すのにも一苦労することがあります。書庫をひっくり返して筆表な書類を捜索するなどの無駄な労力も住友電工情報システムが提供する文書管理ソフトを導入すればアジャイル開発の速やかに行えます。

住友電工情報システムの文書管理システムではクライアントや契約日などの属性に応じて分類管理することを可能にします。一覧性の高いツリー状の様態を作用しておりドラッグ&ドロップで簡単に登録することが出来ます。必要な文書ファイルも簡単に検索して参照することも簡単です。

外部からのクラッキングによる情報漏えいが散見されるところですが、住友電工情報システムでは作成者の権限や役職などに応じて様々な権限を設定することが可能です。セキュリティー面でも万全なのもメリットのひとつです。

公式サイトはコチラ

TDCソフト株式会社

総合評価 ★★★★
サービス度 ★★★★★
顧客満足度 ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
情報量 ★★★★

ポイント

  • アジャイル開発に特化したエンジニアが沢山います
  • ソフトと人で顧客の見えないニーズを引き出します
  • 様々なイベントに参加しています

アジャイル開発は、従来のウォーターフォール型の開発と異なり、スケジュールと終わりが分かりにくいという懸念点があります。そんな懸念点を無くすために、TDCソフト株式会社では、アジャイル開発の資格を持っているエンジニアを揃えています。

TDCソフト株式会社は、アジャイル開発に特化した様々なソフトも導入しています。人とソフトが一体となることで顧客のニーズを最大限に引き出す事ができています。アジャイル開発での開発は変更される事が前提であるため、顧客の気付かなかったニーズも引き出す事が出来ます。

TDCソフト株式会社は、様々なイベントにも参加し、アジャイル開発の普及に努めています。従来とは異なり、顧客と密な連携をとって開発を進めていく事が今後は大切な事となります。

公式サイトはコチラ

日立ソリューションズ

総合評価 ★★★★
サービス度 ★★★★
顧客満足度 ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
情報量 ★★★★★

ポイント

  • 10年以上の歳月を掛けて獲得したノウハウを基に、アジャイル開発をサポートしてくれます
  • 激変する市場ニーズへもスピーディーに対応できるようになります
  • ハイブリッドアジャイルという独自のソリューションで、各種課題の解決を支援してくれます

日立ソリューションズは10年以上の歳月を費やして得たノウハウを基に、より優れたアジャイル開発の導入をサポートしてくれます。現在の開発プロセスの見直しをはじめ、アジャイル開発の円滑化に必要な教育から開発現場での指導まで、多彩なサービスで支援してくれるのが強みです。リリースまでの時間が短縮されますから、激変する市場ニーズへもいち早く対応できます。

また、日立ソリューションズはアジャイルのメリットを活かしつつ、日本特有のソフトウェア開発にも対応する「ハイブリッドアジャイル」を確立しており、その実績を積み重ねています。これによりアジャイルとウォーターフォール双方の課題に取り組めるため、開発現場で様々な問題を抱えている場合にも最適です。

導入に関する問い合わせや資料請求は、公式サイトから行えます。そのほかフリーダイヤルによる問い合わせにも対応しており、営業日時は祝祭日を除く月曜日から金曜日、10時から17時30分までとなっています。

公式サイトはコチラ

メンバーズ

総合評価 ★★★
サービス度 ★★★
顧客満足度 ★★★★
利用しやすさ ★★★★
情報量 ★★★★

ポイント

  • 海外のオフショアと違い国内のニアショア事業者なので、日本語でコミュニケーションができます
  • 高スキルのエンジニアが顧客企業ごとにチーム編成されるため、自社エンジニアの管理業務の手間が省けます
  • 結成された専属チームへは、自社内チームのように業務指示が出せます

メンバーズはウェブアプリケーションの開発やAIなどに強く、チーム型のニアショアシステム開発サービスを提供しています。このアジャイル開発スクラム運用では、高度な専門スキルを身につけたエンジニアが、顧客企業毎に専属チームとして編成されるのが特徴です。

海外ベンダーのオフショアと違い、国内のニアショアのため日本語で円滑なコミュニケーションが可能です。また、準委任契約で顧客企業の専属として結成されたチームへは、自社内の編成チームと同じように業務指示が出せます。

メンバーズを利用して開発を任せることで、技術者の採用コストや人材育成費用などを削減できるため、エンジニアの管理業務の手間とコストが省けます。サービスに関する問い合わせは公式ページから行えるようになっており、後日担当スタッフが連絡してくれます。

公式サイトはコチラ

株式会社NTTデータCCS

総合評価 ★★★★
サービス度 ★★★★
顧客満足度 ★★★★
利用しやすさ ★★★
情報量 ★★★

ポイント

  • 段階的にシステムを仕上げることできめ細かな対応ができる
  • 実際に動くソフトを素早く確認して、その評価を可能にする
  • お客様のシステムの価値を最大化することが可能

株式会社NTTデータCCSのアジャイル開発の効果は、きめの細やかなサービスの提供です。プロジェクトを短期間に区切ることによって、その期間ごとに仕上げを終わらせます。これによって改善点などがすぐに分かり、それを開発自体に生かせます。

開発したソフトは有効に働かなければなりません。働きをチェックする一番確かな方法は、実際に使ってみることです。この会社ではソフトをお客様にすぐに使って頂き、動作の状態を調べて頂くようにします。それをすることによって改善点などを素早く見つけることが可能になることが多いです。

ソフトを開発した後は、それを最大限に生かすように努力します。繰り返しソフトを使うことでその価値を明らかにして、お客様の隠れた要件を引き出します。要件が判明したら、それをシステムに生かして、価値を最大限に高めます。

公式サイトはコチラ

株式会社オージス総研

総合評価 ★★★
サービス度 ★★★
顧客満足度 ★★★★★
利用しやすさ ★★★★
情報量 ★★★

ポイント

  • クライアント目線に立った考え方をしています
  • 複数の大手に製品を提供している実績があります
  • 長期持続のための技術の進歩を欠かしていません

株式会社オージス総研は幅広い業種を対象に、システムの構築を担当しているところです。そこに用いる技術として、クライアントの希望を反映しやすく、より素早く応えられるといったメリットを持つアジャイル開発を行なっています。

株式会社オージス総研が提供するアジャイル開発をサポートする製品に、Hansoftというものがあります。プロジェクトの内容をタスクに分解したり、メンバーが持つ時間の割り振りを簡単にするなどの機能を持っています。複数のプロジェクトを管理できるので、大規模な開発にも対応可能です。

またアジャイル開発の知識を身に付けるためのセミナーを開いていて、基礎から応用までを学ぶことができます。そこにはアジャイル開発の基礎となるスクラムを知るような入門から、リーダーに向けた内容まで受ける対象や目的に合わせて数種類のコースがあります。

公式サイトはコチラ

アジャイル開発手法のメリットと弱み

ソフトウェア開発方法で着目したいのが、アジャイル開発です。アジャイル開発は、プロジェクトをスタート時に要件定義するのでなく、小さいブロックに分割して、少しずつリリースしていくものになります。このやり方なら、スタート時に要件定義が厳密に固定化されていなくとも、開発して出来上がるごとに、機能追加を行なっていけば済みます。アジャイル開発は、スピード感が求められるベンチャー企業並びにスタートアップ企業の開発にピッタリです。それと引き換えに、トータルの開発コストの見積もりが非常に難しく、時間制で単価を決定するなどの創意工夫も求められます。アジャイル開発は、チームのスケールが小さく、小さい規模の開発や実装それから、テストを反復していくため、メンバーは変わりません。

アジャイル開発の利点は、まず第一に大きくないプロジェクトメンバーで開始することが可能なところです。良く知るメンバーと開発を実施すれば、コミュニケーションのための費用も最小限で済むことになります。会社内の最小の単位のリソースで開発を実施することができることから、スピードのある開発ができます。アジャイル開発は、相次いでリリースをしていき、フレキシブルに仕様変更へ対処可能です。その結果、製品市場での良いレスポンスをチェックしながら開発をフレキシブルに行っていくスタートアップ企業の開発にピッタリです。 さらに、アジャイル開発は、やればやる程プロジェクトが後工程であるほど、ハイスピードで開発を行うことが可能です。スピードを大事に考える小さい規模のスタートアップ企業などはアジャイル開発をスムーズに受け入れています。

醍醐味のあるアジャイル開発ですが、現実的な日本国内のソフトウェア開発の現場においてはあまり採り入れられていません。 その理由として、アジャイル開発は、プロジェクトが進行していく中で仕様を取り決めていくことから、スタート時にプロジェクトの全容が見られず、予定する予算の見積もり価格を出すのが難しいからです。 日本国内の大会社の開発現場においては、スタート時に予算が決定し、プロジェクト公募に入札します。その為、プロジェクトの全容が明白になっていないアジャイル開発手法は、大会社などでは導入しづらいというウィークポイントがあります。その結果、それほど普及していません。しかしながら、システム開発に関連している方の多くが、アジャイル開発の長所について理解しています。

TOPへ戻る