完全解析!アジャイル開発情報ガイド

アジャイル開発って何なのだろうか

トップ > アジャイル開発の豆知識 > アジャイル開発って何なのだろうか

アジャイル開発って何なのだろうか

アジャイル開発はコンピューターで使うソフトの開発をするための1つのやり方です。
コンピューターで使うソフトにはいろいろありますが、いずれにしても素人が簡単に作れるようなものではなくて、複雑で難解な仕組みになっています。
だからソフトの知識がないと作れないし、作るにしても時間と労力が必要になります。
このようなソフトを作るにはいろんなやり方がありますが、これまでの基本的なやり方は、ウォーターフォールというやり方が一般的でした。
これは始めに最初から最後までのシナリオを全部作り上げて、それに従って最初から順番に開発していこうというスタイルでした。
そして全部を順番通りに開発しきると、最後に一気に組み合わせて完成したプログラムが起動するといった感じでした。
ただこれは非常に時間とかかるし、途中で何かしらの不具合があるとそこで立ち止まって修正しなければなりません。


しかしその修正をすることは非常に厄介な作業になってしまいます。
というのはシナリオを最後まで全部書いてしまってるので、それを修正しようとすることは当初のシナリオが崩れることを示唆するので、それを否定されてしまうことになりかねないからです。
これに対してアジャイル開発はこれらの問題に対処しやすいようにしようとしています。
アジャイル開発では小さな目標をたくさん作り上げて、それを1つ1つ完成させていこうとするスタイルです。
小さな目標の1つ1つは1週間から4週間といった非常に短いスパンで計画をされています。
短い期間で小さな目標を1つずつ作り上げて完成させていきます。
これだと確実に1つは完成してるので、開発チームにとっても精神的な負担は少しずつ削減されることになります。


この小さな目標が1つ完成すると、その次の小さな目標をまた1つ完成させて、先の小さな目標に上乗せするといった感じになります。
これで少しずつ改良をしていこうとします。
これだともし途中で何かしらの不具合が起こってもすぐに修正に対応しやすくなります。
というのはウォーターフォールのように最終的な台本シナリオを全部作り上げていないからです。
ただこのアジャイル開発は途中で部分改良をしながら進めていくので、キッチリとした台本シナリオを作ってはいないが、気が付いたら当初漠然と描いていた最終的な姿から少しずつズレてしまうかもしれない問題も抱えています。
言い換えればどのソフト開発のやり方にしても完璧だとはいえず、それぞれに一長一短な特徴を抱えてることも理解しておかなければなりません。
そのため今のところすべてのソフト開発では同じやり方が通用しないことも指摘されています。

次の記事へ

TOPへ戻る