完全解析!アジャイル開発情報ガイド

アジャイル開発のスクラムの特徴とメリット

トップ > アジャイル開発の豆知識 > アジャイル開発のスクラムの特徴とメリット

アジャイル開発のスクラムの特徴とメリット

ウォーターフォールと比較検討される開発メソッドにアジャイルが存在します。
アジャイル開発方法はいくつかタイプがありますが、その中にあっても抜群の人気があるのはスクラムになります。
スクラムに関してはアジャイル開発方法の1つで、3人から9人くらいの少ない人数のチームの状態で開発を執り行います。
仮に開発対象そのものが大きすぎるケースでは、少ない人数のチームを複数作成し開発にあたります。
スクラムにおいては開発メンバーに加えて、定められた役割を持ったメンバーが存在しています。
一人はプロダクトオーナーといって、製品の責任者になります。
クライアントとコミュニケーションをはかり、製品にどういった機能をもたせるのか選定します。
日程や予算管理なども実践します。
もう一人はスクラムマスターといって、チームリーダーです。
チームのまとめ役となり、スクラムを的確に実践し、外からの要求などの調整を行います。


スクラムにおいては、開発のための期間を数週間のスプリントという構成単位に区切りをつけます。
それを踏まえた上で、スプリントを重ねることで開発を推し進めます。
それぞれのスプリント内においては、まず第一にプロダクトバックログという開発をする機能のリストを作り出します。
その後はスプリントをスタートするためのミーティングに取り組み、開発に踏み出します。
毎朝デイリースクラムというような日次のミーティングを行なって、15分くらいの時間を費やして実践したことや近いうちに進行させることを報告することになります。
スプリントの終わりにおいては、結果のレビューであるとか振り返りを行なって、その次のスプリントに向けての改善点を見つけ出します。
こうした一連の流れのもと、開発を進行させます。


スクラムのメリットとして 不要な機能が開発されることがあまり多くないことがあげられます。
スクラムはスプリント毎に開発する機能をリストアップさせ、スプリント後に動くソフトウェアを入手できることから、利用者サイドからのフィードバックを早い段階で得られ、弾力的に方修正して不要な機能が開発されることを回避することができます。
また、リリースに至るまでの期間が短くなるメリットもあります。
スプリント毎に作動するソフトウェアが開発されることから、リリースに必要な機能が取り揃えられた段階でリリースできます。
それに加えて、機能を絞ってアルファテスト、あるいはベータテストを実施してもよいでしょう。
また、変化に対処しやすい利点があります。
スプリント事の成果と関連付けて、新しいスプリント計画をフレキシブルに手直しできます。

TOPへ戻る