完全解析!アジャイル開発情報ガイド

アジャイル開発のメリットとプロジェクトの向き不向きについて

トップ > アジャイル開発の豆知識 > アジャイル開発のメリットとプロジェクトの向き不向きについて

アジャイル開発のメリットとプロジェクトの向き不向きについて

アジャイルモデルというのは、スピーディーにシステム開発する手法の総称になります。
アジャイルモデルに当てはまる方法には、スクラムなどがあります。
アジャイル開発のプロセスでは、クライアントと開発会社間の連携、或いは対応にプライオリティを置きます。
まず第一に、システム開発の概ねの計画を決定づけます。
ウォーターフォールモデルとは違い、この時点ではざっくりとした仕様及び要求のみを決定付けます。
細部に至るまで決めないことで、工程進行中におこった仕様変更に対し、フレキシブルに対応できます。
さらにシステムのトータルの開発工程を、1から4週間くらいで実践できる機能に区分けします。
そのとき、それぞれの機能の優先順位を基に、着手する順を決めます。
アジャイルモデルにおいてはイテレーション毎にシステム開発を進めます。


取り掛かる順が確定したら、実際的にそれぞれの機能を開発するタスクに入ります。
数週間の範囲内で、開発するそれぞれの機能の要求、設計さらにテストそしてリリースを実行します。
ある機能をリリースできれば、次なる機能を変わらない進行方法で開発することになります。
アジャイル開発においては、イテレーションの繰り返しによってシステムの完成度を高めます。
アジャイルモデルにおいてのシステム開発の流れは、こういった流れになります。
最も大きいメリットは、システム開発期間を短縮できる点です。
大切な機能から直ちにリリースすることが可能ですので、スピーディーな事業展開が可能です。
それに加えてシステムを機能括りで開発することから、不具合もしくは仕様変更にもフレキシブルに処理できる点もメリットです。


アジャイルモデルにおいてはスピーディーにシステム開発することができるので、時間を取られない事業展開が求められる新規事業にフィットする開発モデルといえます。
クライアントと開発会社間でのコミュニケーションにプライオリティを置いている視点からも、不確実性のとても高い新規事業に対しての応対にふさわしいと言えます。
アジャイルモデルが適しているとはいえないプロジェクトもあります。
アジャイルモデルにつきましては、計画管理の重要度が高いスケールの大きいプロジェクトには向いていません。
計画管理し難い開発モデルのため、ステップごとにシステムをリリースしたい場合に適用する方が良いと考えられます。
アジャイルモデルにおいては厳密なプランニングを立て無いので、スケジュール管理が困難です。

次の記事へ

TOPへ戻る