完全解析!アジャイル開発情報ガイド

アジャイル開発のメリットと弱点

トップ > アジャイル開発の豆知識 > アジャイル開発のメリットと弱点

アジャイル開発のメリットと弱点

アジャイル開発にスクラム開発という最たるメソッドがあります。
スクラム開発は早いスピードで変わるモバイル業界において、状況に応じて応じられる望ましい解決方法といえるでしょう。
現実にスクラム開発は必要とされる最終仕様に近い仕上がりにするために、タイミング毎にタスクを検証し修正することになります。
プロジェクトは製品開発を手がけるチームやテストを手がけるチームなど複数のチームが加わり、チームワークで小機能を開発するタスクを反復し、完成を目標にします。
開発過程を注視することができるところ、それから修正をプラスする時間があるところが、クライアントのみならずユーザーにとってもメリットです。
スクラム開発は一丸となって取り組むことから、必要な作業を実施する上でとても大きなモチベーションになります。


アジャイル開発は、双方向的で創造性のある開発方法といえます。
1週間、2週間単位の時間枠で、プロジェクト方向に手直しを付与することができます。
他には追加でチーム或いは開発者それから、品質管理のプロフェッショナルなどを雇うこともあります。
ひとつの例としてプロジェクトが変更されたり、テクニック的に変更があった局面で、はじめのチームは継続させる一方で、新チームが作業するなど必要に応じて対応できます。
また、カスタマイズできるところはアジャイルの持ち味だと言えますが、カスタマイズは基本的に作業工程に入っているもので、作業の一連の流れそのものを乱すものではありません。
アジャイルはスピーディーに試作品を構築することができる方法です。
それを受けてデモを使用した評価やテストも早い内に可能です。


アジャイルにはウィークポイントもあります。
アジャイル開発はその度ごとにこまめな変更が可能なことから、多種多様なテクニックを使い実験が反復されます。
その影響で製品仕様や設計をしっかりと定めていないと、最終的な製品のクオリティーを落としかねません。
こうした問題点は、プロジェクトマネージャー抜きでプロジェクトを進める初心者や企業が陥ることが多い問題です。
それ以外に、以上のような方法は後々にプロジェクトのスケーラビリティを制約してしまう危険性があります。
小さいプロジェクトでしたら修正できる場合も、プロジェクトが大規模になると開発を覆すことになりかねません。
また、一定期間ごとの修正、あるいは技術変更という条件では、プロジェクトを完結できないリスクも見受けられます。

次の記事へ

TOPへ戻る