完全解析!アジャイル開発情報ガイド

アジャイル開発の利点とウォーターフォール開発との相違

トップ > アジャイル開発の豆知識 > アジャイル開発の利点とウォーターフォール開発との相違

アジャイル開発の利点とウォーターフォール開発との相違

アジャイルと言いますのは、俊敏という意味で、反復 と言われる非常に短い開発期間単位を取り入れることを通して、リスクを最小化する手法です。
アジャイル開発には様々なバリエーションがあります。
ひとつの例として、クライアントとエンジニアが少人数の開発チームを作ります。
共同開発チームについては開発全体を複数の範囲、おおよそ2週間くらいでできると範囲に区分けします。
そのうえで業務の優先度を加味し、どういった範囲から取り掛かるかを決定付けします。
そして開発チームは2週間内に、実装それから、テストや修正、リリースなどを行います。
リリースすることができた機能や残った業務プロセスの範囲をチェックし、さらに取り掛かる区分を決定します。
こうしたサイクルを続け、完成度を高めます。


アジャイル開発では多くのメリットを得ることができます。
まず優先順位の高い大切な機能から手を付けられることがあげられます。
さらに、クライアントが現実に作動する画面、機能をテストすることが可能なので、仕様のミスや要求漏れに早い内に気づくことができます。
そして、リクエストと実際的なプロダクトの間にエラーが見られた場合でも、どうしておこったかをリサーチすることでクライアントとエンジニアの信頼関係が構築できます。
また、開発途中でプロセスがチェンジになった場合、未着手のポイントはチェンジされた中身で実装することができます。
もうすでに実装済みのケースでも修正の影響は限定されることになります。
以上のようなプロセスで、クライアントの要件を直ぐに反映しつつもプロダクトを開発することができます。


ウォーターフォール開発の考え方は、全工程が正しいという前提条件で推し進める方法です。
前提に沿って進めることから、当初仕立てた要求仕様を確実に実装し、その仕様を一切合切満たしたタイミングで開発完結となります。
はじめの要求仕様のままに進行するという特徴から、契約する時に契約の中身、責任に関する範囲が明確となる一方、要求仕様構築時に要求のミスや漏れがあったケースや、開発進行中に要求にチェンジがあった場合、仕様変更という形で追加費用、あるいは開発期間が生じるデメリットがあります。
一方アジャイル開発は、プロジェクトは変わるものと決めて、大きくないサイクルを何回も回し、プロジェクトが作成するプロダクトを最大化することを大事と考えます。
その影響で、スタート時段取りされた機能が完全な形で完成することは難しいです。
それと引き換えに、プロダクトがリリースされる局面で、ステークホルダーが価値があると言えるプロダクトが完成します。

次の記事へ

TOPへ戻る