完全解析!アジャイル開発情報ガイド

アジャイル開発の特徴及びウォーターフォール開発との相違点

トップ > アジャイル開発の豆知識 > アジャイル開発の特徴及びウォーターフォール開発との相違点

アジャイル開発の特徴及びウォーターフォール開発との相違点

IT業界におけるシステム開発は複数の手法を挙げられます。
そのような中でここ評判になっているのが、アジャイル開発です。
スピーディーに、機敏という意味を持っているアジャイルというワードですが、その名が示す通り既存のウォーターフォール開発では想定できないような短納期でシステム構築ができます。
アジャイル開発については、開発者及びプロダクトオーナーがタッグを組み、短い間で最低限の機能をリリースします。
こうしたリリースを、開発者及びプロダクトオーナーが議論し、仕様変更、あるいは追加機能を決め、ふたたび開発を行なうというアプローチです。
こういった短い期間のサイクルを何回も繰り返し、プロダクトのクオリティーを高めます。
最低の機能を反復するため、仕様変更にも対処しやすいといえます。


既存の開発手法のウォーターフォール開発においては、スタート時に必要な要件を100%定義し、中途の仕様変更に関しては別口でという認識でした。
チーム内の役目も、クライアントやプログラマーテスターそれから、要件定義者などと分割されており、各自の役割分担が明白です。
この方法では、スタート時から要件が固まっているケース、あるいは変更がないケースでは何の問題もありませんが、開発進行中に要件がチェンジした場合に追加開発となって、必要となる費用がかさむのに加えて、工数が膨らむというウィークポイントがありました。
それに対して、アジャイル開発は、最低の機能リリースを重ねることから、中途の仕様変更に対処しやすく、チーム全員でリリースを目指すため、チームの統率にも結びつきます。


スクラムというのはアジャイルの中にあってもさらに複数に分けられた開発手法です。
アジャイル開発の最たる手法として注目を集めています。
一言でいえばアジャイル開発においてのフレームワークになります。
主としてチーム単位での動作について規定している方法論といえます。
プロダクトオーナーがプロジェクトを管理運営し、スクラムマスターがスクラム内のコントロールやインシデント管理を実行します。
スクラムについては役割を決定するものの、役割に則って明白にタスクや工程が分断されるわけではありません。
開発によるタスクは、メンバー誰もが関係し、すべての人で取り組むことになります。
集団で為される球技の様に、ポジションは決められているがすべての人で1つのボールを追い求め、ゴールへ運ぶという捉え方が適切でしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る