完全解析!アジャイル開発情報ガイド

ウォーターフォール開発及びアジャイル開発の特徴

トップ > アジャイル開発の豆知識 > ウォーターフォール開発及びアジャイル開発の特徴

ウォーターフォール開発及びアジャイル開発の特徴

IT人材を保持しない会社組織の大半は、システム開発を別注することになります。
しかしながら、システム開発の工程に関して細部にわたって把握していない担当者は少なくないと考えられます。
システム開発工程に関して知ることになれば、それぞれの工程において実務担当者がどのように関わればよいかが自ずと視界に入ってきます。
システムに関しましては、開発会社のみで作り込むものではなく、クライアントも含めて一層よいシステムを立ち上げるため一生懸命に取り組むことが理想のスタイルです。
従ってクライアントサイドの担当者に関してもシステム開発工程に対しての理解は必要と言えるでしょう。
一層よいシステムの構築のことを考えて、開発工程の基礎部分について熟知しておくことは非常に重要になります。


大きく分類すると、システム開発手法に関してはウォーターフォール開発及びアジャイル開発があります。
ウォーターフォール開発については非常に古い手法、アジャイル開発については現在において流行っている手法というのが普通の認識です。
ウォーターフォール開発とは上流工程から始まり下流工程に至るまでのプロセスでシステム開発を実施する手法です。
滝の水が上から下側に流れる様子に関連しています。
単純明快に言えば1から100まで順序通り工程を実施するというアプローチです。
特徴は進捗管理が簡単、それぞれの工程において成果物がセッティングされていることです。
プランを立てて開発を推し進めることが基本ですので、プロジェクトが現在においてどのステップにあるかすぐにわかります。
従って状況に対応してリソースを割り振りできます。


一方アジャイルは、俊敏といった主旨があり、その名が示す通りスピードのある開発工程を保持することで生産性を高くするための手法です。
イテレーションといった非常に短い開発期間を設け、要件単位の開発をしていきます。
システム開発のスタート時より最後までを1から100まで順番通りに実行するのがウォーターフォール開発とすれば、アジャイル開発に関しては細々とした開発サイクルを複数重ね成果物を完成させます。
その一方で進捗管理することが困難という傾向があることから、時と場合によっては開発期間が延びるリスクがあります。
クライアントサイドの実務担当者はこうした開発工程を把握しているかいないかで、システムの成否が分かれるといえるでしょう。
システム会社へ丸投げするというのではなく、実務担当者も含めて構築していくことにより、良いシステム開発を目標にすることが重要です。

次の記事へ

TOPへ戻る